ヘッダー

三井住友VISAカード

VISA提携のクレジットカードなら日本全国どこでも全て使用できるといっても過言ではないほど、現在ではVISAはどこでも当たり前のものなっています。

その中でもやはり一番知名度が高いのが三井住友VISAカードなのかもしれません。

日本ではこれはテレビのCMで話題になりましたし、三井住友銀行VISAカードが正式だと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

それぐらい今の日本では浸透していてメジャーで知名度がかなり高くなります。

海外でも信用度が高いためでもありますが、しかし今この段階でもかなりポピュラーで人気があると言っていいでしょう。

VISAカード ポイント

三井住友VISAカードでのお支払方法はマイ・ペイスリボに申し込むことです。

初年度の年会費が無料になったりするお得なシステムがあるのです。

これは他にもネット通販で一番利用者が多く、こうした最大級である楽天銀行のカードでは楽天市場で毎回買い物するたびに、無駄にすることなくポイントを貯めることができます。

そして、このポイントは買い物だけでなくガソリンスタンドで割引サービスを受けることが、ここでは簡単にあっと言う間に出来たりします。

これは他の提携サービスのポイントとし利用することができるので節約もできるので人気があります。

生活費をカードで支払う

日本のクレジットカードには、各社競って様々な付帯サービスがオプションとしてついています。

バブル経済のころと違ってきて、誰もが後先考えずに保有することが無くなっている傾向にあるからです。

クレジットカードに加入する際に、特典の内容を細かくチェックしてから加入する人は、少ないかもしれません。

ただ、付帯サービスにどんなものがあるか、大まかでいいので知っておくと、いざというときに上手に役立ちます。

一番知られている付帯は「ポイントが貯まる」というものです。

クレジットカードでショッピングをするとポイントが貯まり、更に貯まった功績に応じてキャッシュバックや、大きな買い物した金額からの割引などが受けられます。

景品・旅行券・無料航空券がもらえるという形のやつを提供しているところもあります。

効率よくポイントを貯めるために、水道光熱費や電話代などの「毎月、どうしても必要な支払」をクレジットカードで行うという方法を取っている実直な人もいます。

他のものとしては、旅行傷害保険、海外旅行保険、ショッピング保険などがつく特典です。

また、海外旅行でのトラブルに、電話で対応してくれるトラベルデスクなどを提供しているカード会社もあります。

これらの付帯サービスを利用する場合には、自分の望んでいる特典が受けられるか、よく確認しましょう。

たとえば、これが海外旅行に行くことを検討している状況の場合には、クレジットカードの一つの機能として提供される海外旅行保険は、ここで保障される範囲が限られていることも多いので、必要な場合には、ご自身でも海外旅行保険への加入を検討するということも、大切です。